トップページ > CO2濃度測定公開メニュー     English


現在のCO2濃度(新システム移行中)

都道府県都市名測定データリンク先
岡山県倉敷市倉敷市のCO2濃度(グラフあり)
提供者名(法人名) ノートルダム清心学園 清心中学校・清心女子高等学校 さま
会員No. 非会員
測定開始年月日 2014年4月28日(測定・公開開始)
設置場所 岡山県倉敷市二子1200。豊かな自然にかこまれた丘の上に位置します。
周辺環境 校舎1階に面した屋外に設置。小高い丘の上に位置するため空気の流れは良好。 測定データの中継用パソコンは2階の理科室に常設。
測定装置等の仕様 型式:MCH-383SD、測定項目:CO2濃度、温度、湿度、測定範囲:CO2濃度→0~4000ppm、温度→0~50℃、湿度→10~90%RH、 測定精度:CO2濃度→±40ppm、温度→±0.8℃、湿度→±4%+1%RH(70%RH以上)、±4%RH(70%RH未満)、測定間隔:10分、5分、2分、1分、30秒、 10秒、5秒の何れかを選択、データ出力:RS-232シリアルインタフェイス(オプション品使用でUSB接続可)、ロガー機能:マイクロSDカードに 保存(最大16GB)。
先生から一言 清心中学校・清心女子高校科学部では学校の近くの用水の水の水質検査を続けてきました。 今回CO2濃度の測定ができるようになったので、毎月の検査結果の変化の考察にCO2濃度の変化と何か関係がないかなど 新しい視点をとりいれることができれば、と思っています。CO2の値は中学校理科室内のPCの画面に常時表示されています。 お天気や気温等その他の条件との関わりについて中学生が興味を持つきっかけにもなってくれればいいと思っています。
co2sosから一言 昨年、人と科学の未来館サイピアにて、近隣の中学生君と一緒にCO2濃度の動態について自由研究を行いました。 この時の研究報告書の中で、岡山市のCO2濃度が倉敷方向から吹いてくる風の影響を受けている可能性に触れ、確認するためには 中間地点に新たな測定点が必要であると述べておりましたが、清心学園様のご協力のおかげで実現することができました。 また、測定したデータを科学部さんでも研究していただけるとのお話もあり大変嬉しく思います。 極単純に思えるCO2濃度の動態ですが、人と自然の活動結果でありとても複雑といえます。様々な視点からの研究成果が 得られることを期待しております。

※1:設置している測定装置は、摂氏0℃以下の測定はできません(0℃を表示)。
※2:測定装置および伝送系は1系列であるため、メンテナンス等で停止する場合があります。
※3:本公開はフェアユースの考え方に基づき無償で行います。
※4:公開したデータを使用した結果生じるいかなる不利益等についても,一切責任を負いかねることを予めご了承願います。